So-net無料ブログ作成

SUITS(スーツ) [エンタメ]

人気アメリカドラマの日本版、月9の新ドラマ「SUITS(スーツ)を見ました。
感想は思ったより大人っぽい雰囲気。織田裕二、鈴木保奈美など大人が中心のドラマだからかも。おまけにめっちゃトレンディ!(←死語?(^_^;)大都会の摩天楼をバックにめっちゃ綺麗なビルの中、若造のくせにめっちゃおしゃれで広い部屋、シワひとつないピカピカの最先端のスーツや女性の服!そしてあってもなくてもいいようなこーゆー系ドラマのBGM!(^_^;)
オリジナル版のトレーラーを見ましたが、確かにスタイリッシュ系なんですね。今やヘンリー王妃のメーガン・マークルが「(女性)パラリーガルがこんな(おしゃれな)服はありえない」というくらい。

最初の登場であっけにとられたのは鈴木保奈美の美しさでした。
復帰当時は眉が釣り上がっていて、「こりゃ毎日子供を怒鳴り散らしてるな」(^_^;)とめちゃくちゃキツくなった印象がありましたが、今回は撮影かきれいに整えられた完璧な髪型か、美しい服のせいか「ほええ〜きれいだなあ」と所帯くささのないザ女優さん!て印象でした。
織田裕二はさすがに老けたな…といった感じでしたが、男性の場合年を取った方がこの役柄にも説得力が出るかな。でもこんなこと思っちゃ元も子もないですが、いくらビシッとスーツを決めてもこういうエリート弁護士役は似合わない。カンチや踊る大捜査線の青島のようにちょっと野暮で庶民感覚のある役の方が年をとっても合ってるように思いました。あっ、福山雅治の方が似合うかも!?

あと最後まで鼻についたのはあまりにアメリカナイズされた演出。
あまり上下関係が強くない、対等な雰囲気とかよく握手をしたり顔の表情作りとか。会社の自分の部屋にブランデーとか置いて飲むあたり昔のアメリカ映画とかで見たな。
オリジナルにあまりに忠実にならずに日本らしさをもっと出してもいいようには感じました。
とは言いながら来週もちょっと見てみるか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

Japan Open 2018と高橋大輔復帰戦 [スポーツ]

10/6地域対抗戦のJapan Open2018が行われ、放送されました。
私は今日試験が終わってから録画していたのを見ました。といっても昨夜織田君の動画を見てしまったんですけどね(^_^;)そう、昨日話題になってたようにこの戦いの主役は織田君でした。口あんぐり!
全選手の中で唯一ノーミス(ザギトワちゃんもほとんど完璧)!しかも上手くて高難度!
最初の4回転ー3回転の連続ジャンプにあっけにとられ、現役選手で羽生君しかできないカウンターからのトリプルアクセルを美しく決め、スピードとキレのあるステップ、そしてプロで培われたエンタメ力!
いや〜今すぐ復帰できるよ織田君!

他の選手達は全体的にイマイチの印象を受けました。まだシーズン始めなので仕方ないにせよ、天パをオールバックにしたネイサン君はどーした!?アメリカで夏だったかお披露目した時はキレッキレだったけど内弁慶なのかなあ?にしてもフリーのあの曲は盛り上がりもなく変えた方がいいのに。
宇野君は初戦よりもだいぶ様になってきたかなといった印象。ただ曲を弦楽器入れたりアレンジした方がいいように思いました。どーも今季は羽生君の影響か全体的にピアノ曲が多いような気がするんですが、似合う選手とそうでない選手がいると思うんです。宇野君は弦楽器が似合うと思うんだけどなあ。

似合うといえば坂本選手もしっとりとしたピアノ曲でしたが、元気でおてんば娘のイメージが強い坂本選手にはまだ早いかなと感じました。もちろん色々挑戦するのはいいことですが、その年でしか出せないものを生かすのも手かなと。
宮原さんは体つきが大人になった!細いけど練習が充実してるのを思わせるメリハリのある美しさ。
宮原さんは欧米選手にはない「大和撫子」の雰囲気があって惹かれるんです。壊れそうだけど可憐で芯があって。順位関係なく見たくなる選手。
でもやはり圧巻はザギトワちゃんでした。最初の3回転連続ジャンプを両手を上げながらに度肝を抜かれ、すごいスピードと、実はジャンプの入りを難しくしてるんだそう。羽生君のようにカウンターからのジャンプをしたり似たようなスピンがあったり高難度を目指してるあたり羽生君に習ってるのかな?
ただロシアの女子選手はどうしてもジャンプマシンに見えてしまって、宮原さんのような柔らかさを感じないんですよね。五輪でのメドちゃんは表現力もあったけどお国柄が出るのかな。

復帰といえば高橋大輔さんが近畿大会でSPの演技を終え首位。
動画が見つからなくてフルを見てはないんですが、高橋さん自身はガチガチでしたね(^_^;)にしてもあの衣装と髪の色…もうちょっと清潔感はだせないんだろうか!?
彼の滑りより私は「首位」にえっ!?と愕然としてしまった。4年ぶりに復帰した選手が首位って競技としてどうなのよ!?新ルールも色々言われてるみたいですが、ちょっとフィギュア自体大丈夫かなと危機感を持ってしまった(^_^;)現役若手選手がんばれよ!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦オータムクラシック優勝! [エンタメ]

羽生君の初戦オータムクラシックが開催され、皆さんご存知のように優勝しました!
以下記事抜粋です。

フィギュアスケートのオータム・クラシックはカナダ・トロント郊外のオークビルで22日(日本時間23日)、男子のフリーがあった。ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)はジャンプで2度失敗して165・91点の2位だったが、SPとの合計で263・65点とし、優勝した。
AS20180923000430_commL.jpg
羽生結弦、今季初戦V フィギュアオータム・クラシック
演技後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

――振り返ってみて。
初戦、毎度で本当に申し訳ないんですけど、また260(点)ぐらいしか取れないんだなと思いました。
――とてもきつそうだったが、実戦で初めて4分をやってみて。
4分だからきついということではなくて、本当に、ただ単に自分の実力不足が出ているなという感触がありました。これから練習して、しっかりとこのプログラムの構成に耐えうる体をつくらなくてはなと思います。

私が感じた二つのプログラムの印象はちょうど前シーズンの「バラードNO1」と「SEIMEI」と似ているなと。つまりSPは繊細で憂いがあって流麗な感じ。FPは力強くエネルギッシュってことで。
SPの衣装は画面に映った瞬間まず色でハッとさせられました。美しい・・・!! ベビーブルーというのかな、まさに「氷の精」といった感じ。羽生君はやっぱり淡色が似合うなと思いました。この画像見てください!なんと繊細なデザイン!動く映像ではよくわからなかったのですが、クリアな画像だとなんと細かいディテール!
DnpDSRcU0AAHrrE.jpg
ファンの間ではデザインについていろいろ意見が飛び交ってますが、私はまず色の選択がよかったと思いました。
スケート内容では最初の右手を差し出す動きが美しく、一瞬で惹きつけられました。技術面では前半にすべてのジャンプを入れていた!これは今季勝負にこだわらないと言っている羽生君の言葉を証明していましたが、SP後のインタビューで今後後半に入れるかと聞かれた時「この方(前半にジャンプ)が流れがきれいなのでこのままでいくと思います」と答えるまで数秒の間があった。負けず嫌いの羽生君のこと、他の選手たちの様子も見て今後調整するんじゃないかなと感じました。
hn1-e1537557791529.jpg
驚いたのは羽生君得意のスピンがノーカウント!ド素人の私にはわかりませんが、解説の佐野さんによるとスピンに入るときキックアウトしたのが原因だとか。あと腰の高さが氷面と平行でないとか回転数が足りないとからしい。確かにいつものスピンでない印象は受けました。足の方かスケート靴に問題があったのかな?ちょっと心配です。

FPは練習風景ですでにすごいものを見せてくれていただけに期待も高かった人が多かったと思います。衣装はSPと同じようにあこがれのスケーターに寄せてきた!おまえにデコ出し!
DnuHsLqU8AAVC4G.jpg
私はパッと見申し訳ないですがおばさんのような配色だなと思ってしまった。もうちょっと黒が強くてもよかったんじゃないかと。でもじっくり見るとこれまた非常に細かい凝った作り。
黒レースの上に金、だけじゃないかな銀もちりばめられていますね。手袋まで透けていたのは気づかなかった(^_^;)個人的には透けてない黒手袋の方がいい気がしましたが。
20180923s00079000109000p_view.jpg
今回はジャンプが全体的に精彩を欠いた印象でした。着氷が不安定なことが多くやっぱり羽生君の体調面が心配です。ただ上記の取材での羽生君の言葉のように、内容が濃すぎる!
後半休みなく怒涛のつなぎ&ステップ&ジャンプだらけ!最後に3Aを2回入れるというおそらく史上初の構成、そして今後4Aや4回転ー3Aのコンボを入れたいというんだから、やっぱり挑戦大好き羽生結弦!
羽生君のことだからなんだかんだいって次戦のGPFではピークを合わせてくるだろうな。
二つとも完成に近づいたらこれまたとんでもないものになりそうだなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この世界の片隅に [エンタメ]

「負けんさんな!広島!」最後のすずのセリフにうるっときましたあ。
西日本豪雨の被災者へのエールにも聞こえて。
ああ、このドラマほんとによかったなあ、もっと見たいなと感じてしまった。

原作、アニメと違って現代版を入れたのはどうかという声もあったらしいですね。
私は原作、アニメを知らないですが、それでもなんだかなあという気はしてました。
でもこの最終回につながったんだ、すずさん生きてた!というエンディングも希望があっていいんじゃないかなと。
すずの幼なじみの水田さんだっけ?も生きてたのが嬉しかった!

このドラマの素晴らしかったのは、シリアスな時代の話でもユーモアがあって、普通の人たちの戦争中の日常生活を普通に描写してたこと。今の私達と感情は変わらないじゃないかってところが戦争を知らなくても身近にさせてくれました。そして日常に入り込んでくる戦争の怖さも。
これは朝ドラで半年やってもいいくらい(^_^;)じっくり見たいなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

フィギュアスケートTV! [エンタメ]

9月8日にBSフジで放送されたフィギュアスケートTVと言うのを時間表で偶然見つけて録画しておいたのをやっと見ました。といっても放送後数十分でYou tubeに上げられていて、先に見てしまったんですけどね(^_^;)にしても羽生君関連動画はアップ速度が半端ない!

この番組は八木沼純子さんが司会をしていて、内容も一般人では決して知らないだろう夏のB級国際大会とか国内大会を取り上げているので、相当マニアック。私のようなライトファンでは知らない選手もたくさんいました。でも素人なりに感じたのは日本全体のフィギュアのレベルが下がってるかなあということ。ロシアのジュニア女子なんか4回転ジャンプバンバン跳んでますよね。ジュニアの日本人選手はB級国際大会でも1位になれてなかったので今後大丈夫かなあ?なんて思ってしまった。

そしてお待ちかね、番組の最後に羽生君の公開練習映像!(^o^)
各ニュースで散々放送され、動画でもすぐアップされ、繋いだ映像からFP「Origin」も作り上げるというすごい編集画像も見ましたが、ここでの映像は他のニュース番組と違ってよかったです。八木沼さんらもなるべく黙ってくれてたし。でも残念だったのはあのすばらしいステップシーンが全身を撮っていなかったこと。でもタブレットで見る画面よりテレビ画面の方が堪能できました♪

にしても羽生君やっぱり別格!前半国内選手達の映像を見てしまったからかあまりの滑りの違いにあっけにとられてしまう。五輪2連覇金メダリストだから当たり前といっちゃ当たり前なんだろうけど。
過去のチャンピオン達とも全く違う気がする。特にあの体の柔らかさ!
「Origin」の最初のふわあ〜と両腕を上げる動きの柔らかさ!EXのノッテステラータの時の腕の優雅で柔らかい動きに見とれてしまったけど、今回も同じ。ちょっと女子でもなかなか見ない。
でも綿あめのように潰れてしまう柔らかさじゃなくて、しなやかさがあるんですよね。
ほんと男子選手と女子選手のいいとこ取りだわ。
確か来週オータムクラシックなんですよね。ライストもあるみたいだから忘れないようにチェックしとこうっと♪





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦公開練習&新プログラム発表! [エンタメ]

いやあ〜今日は朝からグッドニュースです!羽生君がトロントで練習公開し、新プロを発表しました!以下記事抜粋です。

フィギュアスケート男子の五輪2大会連続金メダリスト、羽生結弦(23=ANA)は30日、拠点のカナダ・トロントで練習を公開し、新シーズンについて語った。
――今季のフリーの新プログラムは?
「シェイリー・ボーンさんに振り付けてもらった。プルシェンコさんの代表曲で、自分がスケートに没頭した、始まりの曲。起源、始まりという意味を持たせたくて、曲名は「Origin」にした。恐縮する気持ちもあったけれど、プルシェンコさんが(曲の使用を)快く受け入れてくれた」

――SPの新プログラムは?
「ジェフリー・バトルさんの振り付けです。「秋によせて」はジョニー・ウィアーさんがフリーで使っていたのが印象に残っている。彼の(ジャンプの)ランディングの美しさに引かれた。彼のように跳びたい、滑りたいと思った」

――痛めていた右足首の状態は?
「(4回転の)トーループ、サルコー、ループまでは戻ってきた。ルッツは不安がある状態なので、しばらくはやめておこうと思う。ルッツ、フリップで(右足の)トーを突く時に違和感を感じることがあるが、痛みを知覚することはなくなっている」

――新ルールについて
「特にルールが有利とか不利とか感じることはない。1つ言えるのはフリーが4分半から4分になり、ジャンプも1つ減って、ラクになったと思うかもしれないけれど、実はきつい。(プログラムが)忙しいです」

――今季の目標は?
「(昨季は)結果としてはすごく満足しているし、達成感もある。ただ未熟さ、磨くべきこと、成長すべきこと、伸びしろを感じながら滑っている。確実に成長していけたらいい」

――今のモチベーションは?
「(クワッド)アクセルです。まだ跳べていないけれど、過程を楽しみながら頑張って練習したい。できれば今季に跳びたい。期限までに跳ばないといけないというプレッシャーは感じている」

さすが羽生結弦、やはり予想の斜め上を行った!
私は「Let's go crazy」のようなノリのいいカッコよくてクールでセクシーなのを期待してたけど、完全に粉砕された(^_^;)でも決してぶれないジョニー&プルシェンコオタクの羽生君らしい。
SPの「秋によせて」はジョニーのを見ましたがピアノ曲!これはイージーリスニング的な聞いたことがある曲でしたが、憂いと繊細さがあって絶対羽生君に合うとみた!
フリーはニジンスキーのアレンジも加えたオリジナルらしいのでとっても楽しみ!
羽生君だけが出せる哲学的で芸術的な素晴らしいプログラムになるんじゃないかな。

ノーカットでインタビューを見たい!くらい内容が盛りだくさん!
高橋大輔さんの復帰を「楽しみ」と言ってたし、何はともあれ楽しそうに滑っているのが何より。
ジャンプによってはまだ違和感があるという足には気をつけて練習してほしいですね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

オリンピックコンサート [エンタメ]

今日午後NHKでオリンピックコンサートが放送されました。
実はNHKBSで8/20にすでに放送されていて、その時ちょっとチラ見しましたが、今回はきちんと録画して最後まで見ました。
このコンサートは6月上旬に開催され、平昌五輪のメダリストも数人招待されていました。
四年前のソチ五輪後もこのコンサートは開かれていて、その時は羽生君も参加したようです。
が、今回は長野五輪記念アイスショーと重なったため、ビデオメッセージのみの参加。
手にカンペを持っているのかチラチラ下を見ながら言ってる羽生君がかわいかった♪
まじめな?会だからか最後のお手振りバイバイはなかったな。

内容としてはオーケストラの演奏に合わせて平昌五輪で活躍した選手達(そーいえばパラリンピックの選手達の映像はなかったような…)の映像を流すのがメイン。
つくづく感じたのは音楽によって映像って感動的にも悲しくも見えるなってこと。
だからこそ映画音楽て重要な役割をしてるんでしょうけどね。
チャイコフスキーって天才だわ。華麗な曲をバックに最後に出てきた羽生君の映像はつくづく華があるなあと思いました。SEIMEIの振り付けでチャイコフスキーが似合うこと!
何といっても規格外のルックスとドラマチックなストーリーはドラマはフィクションを超えますよね。
羽生君だけで2時間交響曲で半生が描けそう(^_^;)

間に森山直太朗がゲスト出演、合唱団とコラボしてました。
(申し訳ないですがここはすっとばした私(^_^;)

後半は夏の五輪選手映像も入れての東京五輪のプロモーションも兼ねてる感じでした。
不思議に思ったのはここでオリンピック賛歌の演奏。
オリンピックコンサートなら最初に流せばよかったのになあ。しかも日本語訳。
いやそれが当たり前なのはわかるんですが、なんか曲と和訳がはまらないって感じを受けたんです。
「ROSE」もそう。外国語の歌詞を意訳して日本語に収めるのって難しいんですね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

西郷どん「薩長同盟」 [エンタメ]

裏番組は24時間テレビで今回の放送は視聴率が落ちるんじゃないかとNHKも出演者も危惧しているらしい西郷どんにとってはターニングポイント?の薩長同盟。

感想は一言で言うと男ってくっだらねえなあ〜!!(^_^;)
くだらんプライドと意地だらけ!どっちが頭下げるまで受け入れないとかほんとくっだらない!(^_^;)
でも今回のキーパーソンは後の総理大臣伊藤俊輔でしたね。
あの役者さん何て人だろう?まだ大成してないパシリ感がよく表れてた。
彼がイギリスで薩長の留学生がお互い助け合ってることを持ち出すんですね。実際これがきっかけかは知りませんが、賢い人たちならくだらんプライドにはこだわらないでしょう。
でも長州びいきの私にとっちゃあ桂さんが同盟を拒否るのもわかる。以前西郷さんにすっぽかされたからね。あれでよけい意固地になってしまった。

最後薩摩も長州から頼まれないと同盟しない!と言ってたけどさすが?主役の西郷さんから頭を下げて、長州に花持たせて桂さんに「わしらの負けじゃのう!」と言わせてしまった。
はいはい、主役だからね。とちょっと卑屈になった長州人の私でした(^_^;)

にしても「西郷さんの何がすごいのかわからない」というこのドラマの批評を見て、思わずそうそう!と思ってしまった。民のために涙を流し熱く語るがどこがどうすごいのか?「わあ西郷さんってやっぱりすごいんだなあ」と感じられないんです。私の知識不足かもしれないですが、今回の薩長同盟もどこがどうすごいことなのかピンとこない。今後の展開ですごいなあと思わせてくれるかな?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦@24時間テレビ [エンタメ]

昨日日本テレビの24時間テレビで羽生君関連企画が放送されました。
いやあ~録画したのを今見ましたが、ジーンとしてしまった・・・
24時間テレビはお涙頂戴とかなぜ走る?(^_^;)ってのがいやで見ないんですけど、羽生君のだけは別。それはテレビに利用されてもいい、故郷、東北をもっと知ってほしい信念が感じられるから。
vSe6mIL.png
今回は以前訪れた福島県楢葉町の裁縫教室の皆さんとの再会がメイン。
同じ楢葉町の子供たちに会いに行ったのは放送されませんでしたね。前宣伝の時だけで。残念。
震災の時自分だけ故郷を離れて練習してたことを今も引っかかっている羽生君。
裁縫教室の先生?が「(離れて)練習したおかげで今がある。どうか自分を責めないで」と言ってくれたことが泣けました。にしても羽生君はほんとーに優しく繊細な心を持ってるよね。

仙台のアイスリンクでは楢葉町の皆さんを招待しての二本立てのショー。
前宣伝?で紹介されたひろと君も再登場。アップ前に気を付けることを質問。
羽生君歌ったりしてるのは緊張をほぐすためだったんだ。ひろと君も言っていたがなるほど(^_^;)
プーさんサプライズで出るかなあと思ったら、ぬいぐるみで最初だけ(^_^;)
でも子供たちとディズニーキャラクターのショーかわいかった!羽生君とコラボしたらさらにかわいかっただろう。
001.jpg
羽生君のおそらく見納めになるであろう「ノッテステラータ」は夢か幻想か夢うつつでボーッと見てしまった。やはりリンクに上がった途端フワアッと空気が変わってしまうすごさ。そりゃそーだ、五輪二連覇にして世界王者!だもんね。
実況もワイプも必要なかったけど、歌詞の表示で内容がわかってよかった。
僕は君を愛している。君ももう僕を愛している」なんてモテイタリア男らしい歌詞(^_^;)だと思いましたが、羽生君が滑ると「僕は故郷のみんなを愛しているよ。みんなも僕を愛してくれているよね」と純粋無垢で美しい至上の愛に見えてくるんですよね。
いやあ~すばらしかった!
DlcQidSU8AEakgM.jpg




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ドラマ特別企画 名奉行!遠山の金四郎 [エンタメ]

今夜特に見るものもないなあと動画サーフィンしてお風呂上がった頃、
遠山の金さんをなんと3時間以上放送していて、最後のお白州のところだけなんとなあく見てしまいました(^_^;)この金さんが長袴をバサアっとやって啖呵切ってもろ肌見せるの好きなんですよねえ。
松岡昌宏が金さんをするこのドラマは去年もスペシャルドラマであったのは知ってましたが、よく見るとタイトルが「遠山の金さん」じゃないっ!「遠山の金四郎」ってなぜ!?

ちょっと気になったのはセットってのがよくわかるくらい安っぽい。予算の関係でしょうか?最近時代劇をしなくなったのは、こういうセットとかに莫大なお金がかかるのも関係あるらしい。

お白州ではご存知の展開ですが、悪役がそんな悪い顔じゃなくなったね(^_^;)昔は悪役専門の役者さんがいましたが、今はもう絶滅に近いのかな。
松岡さん扮する金さんはまだ未婚で彼を溺愛するお母さんがいて若い設定なんですね。でも当時は町奉行ほどの役職ならとうの昔に結婚してたと思うけど(^_^;)
あ、でも前回より松岡さん腹の底から声を出そうとしてる感じは受けました。
ただ長袴をバサアっとするところのカメラワークが…!松方弘樹さんバージョンのカメラ割やリピートしたりかっこよかった。そして肩出してすぐしまう早さといったらっ!(^_^;)けっこうあっけなかったな。
今世界中でタトウーは流行だから金さん最先端よ!(^_^;)でも色々「忖度」したのかな。
同じく忖度?したのか金さんのセリフに「市中引き回しの上打ち首獄門」とか罪状を言わなかった。悪人が暴れた後に「引っ立てい!」だけ(^_^;)裁判所なんだから判決言わないといかんだろ!?

スペシャルゲストに過去金さんをした里見浩太朗さんが出てたのが貴重だったかもしれないですね。
お盆中だから家族向けに放送したとはいえ、3時間超ってすごい!来年もするのかなあ?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この世界の片隅に [エンタメ]

今回は私のお気に入りの水原さんメインでうれしかったし見てて切なかったです。

一番引っかかったのは、周作がすずと水原さんを2人っきりにするためにわざわざ家の鍵をかけたこと!いやあ〜あれは衝撃でした。周作さんの気持ちもわかる。幼なじみは配偶者よりつきあいが濃いもんね。いつもと違うすずの行動にモヤモヤするのもよくわかる。でも鍵をかけちゃあいけないよ周作さん!すずも怒ってましたけどね。結局朝納屋から出て来た2人の姿を見たのは複雑な気分でした。もちろん一線は超えなかったでしょうけどね。水原さん無事のご帰還を!にしても水原さんといい周作さんといいすずさんいい男たちにモテるなあ(^_^;)

劣化してしまったけど、仙道敦子の素晴らしい演技に圧倒。やはり本人が母親であることも大きいんでしょうね。素晴らしかった。
気になったのは松坂桃李の激ヤセぶり!初回から細いなと思ってましたが、今じゃあ顔に肉はなくコケてるし、目にクマもあり顔色も悪い。ちょっと心配になるほど。

二階堂ふみすごい存在感!二階の窓からすずを見つめる伏し目の色っぽさ!
そこはかとない色気漂う無言の表情が素晴らしいっ!ほんとすごい子だわ。

さていよいよ来週から呉にも戦火の嵐がやって来ます。呉って軍港があるからもっと早く空襲にあってたのかなと思ったんですけど、実際はどうなのかな?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

西郷どん [エンタメ]

今回は岩倉具視登場。
脚本の中園ミホさんが岩倉具視を是非笑福亭鶴瓶にとご指名したらしい。
なんでも「目が笑ってない」のが気に入ったそうで(^_^;)なるほどなんとも言えない存在感を醸し出してました。演技自体もほとんどアドリブだそうで、共演者が困り果てたらしい(^_^;)
全然公家っぽい上品さはないのに自分のことを「麿」というおかしさ。

あ、途中で我が故郷の桂小五郎さ〜ん、久しぶり!って岩倉さん経営の賭場で偶然西郷さんと出会う都合の良さ…(^_^;)でもって西郷さんから薩長同盟の話を振るんですね。う〜んやっぱり主役だから?実際どうだったんでしょうね。でも桂さんが刀を抜いて断固拒否!う〜ん桂さんそんなキレやすくないと思うよ、頭良くて冷静な印象なんですけどね。私のひいき目もありますが(^_^;)

で投げやりに見えた岩倉さんは天皇に捨てられたことがトラウマだったんですね。美しい狩衣を保管してるあたり、公家としてのプライドは残ってたんですね。
なので最後に牛若丸!(と思った(^_^;)公家の子供の装束ってやっぱりいいなあ)、いや岩倉さんの息子と対面し、天皇からのお言葉を聞いたら号泣しましたね。なんか簡単に息子が来たり希望通りの天皇のお言葉が聞けたり都合がいい気がしないでもない。すごいスピード感(^_^;)
さて来週はまた坂本龍馬の登場です。薩長同盟に向けて進んでいくかな。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生君関連番組放送決定! [エンタメ]

来週羽生君関連の番組が放送されるそうです。

8月18日(土) 14時00分~14時54分 TBS
今回のみ例外を認める
羽生結弦『人生最初で最後』映画に出演した例外の真相

フィギュア羽生結弦が一度だけ俳優に!映画オファー快諾の秘話
羽生結弦が人生最初で最後の映画出演のオファーを例外的に引き受けた『ある特別な思い』とは?

って仙台藩の話で監督からオファーもあったし故郷のためにでたんじゃないの?(^_^;)
と「今さら」感もなくはないんですが、現時点では番組名も不明なので詳細がわかりません。
検索してみると、どーも上記のままが番組名のようです。んなアホな!(^_^;)後に正式名とか出るんだろうか?
バラエティー番組のようで、他にも柔道の井上康生さんのエピソードやベトナムのベトちゃんドクちゃんの話もあるよう。なんかよくわかんないけど一応チェックしとこ。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

24時間TVに羽生結弦登場! [エンタメ]

ファンの方はすでにご存知かと思いますが、今年も羽生君が24時間TVに登場します!
実は8/5午後に今年の24時間TVのプレビュー番組(つまり番宣)が放送され、最初に羽生君のことが紹介されました。実はこの番組は西日本で放送されなかったので、私は動画で見たんですけどね。

今年は地元仙台のアイスリンクで地元の子供たちとの共演です。
最初に今年の番組のテーマ「人生を変えたもの」とは?と聞かれ、「このアイスリンクですね。家の近くにあったからこそ始めたわけで、スケートをしない人生が考えられない」と羽生君。
この時の羽生君がお下げ髪で珍しく顔が大きく見える(^_^;)でも番組のラベンダー色Tシャツが似合ってることに驚き!やっぱり羽生君は淡色の方が似合うかもしれん。

間では地元の羽生君ファンである男の子を取り上げ、凱旋パレードで撮った写真を大事にしている話。
羽生君にそれを実際見てもらうと「下手くそ選手権がありましたよね」と発言。
これは凱旋パレード中羽生君をうまく撮れなかった画像をファンたちがSNSなどで紹介し合ったハッシュタグで、羽生君知ってたんですね。さすがネットチェックしてるなあ。下げ記事もあるだろうに平気で?見てる羽生君の強さに驚いてしまう。

今回は羽生君の単独ショーと子供達とディズニーキャラクターとの共演ショーの二本立てみたいです。
去年でしたっけ?くまモンとの共演ショーはとても可愛かったので今年もぜひキャラクターと共演してほしいなあと思ったんですが、ディズニーといえばプーさん!そう、共演キャラの中にプーさんがいません!サプライズであったりすると楽しいんだけどな。

にしても羽生君えらい!すでに収録されてるみたいですが、国民栄誉賞授与式の翌日に福島県の楢葉町を訪れてるんですよね。学校と4年前訪れた裁縫教室もサプライズ訪問。
今日その4年前の裁縫教室の皆さんと羽生君のやりとりの動画を見ていて、ああ羽生君てみんなの天使、神様仏様、希望の星だなとつくづく感じました。
当時も学校を訪ねてますが、生徒たちが羽生君のピストルポーズに悲鳴を上げてることに「そんなに興奮すること?」と羽生君がおっかなびっくりしてたんですよね。自分が活躍したりメダルを獲ることにこんなに喜び元気になってくれることを実際見て、羽生君の故郷へ尽くそうという決意が固まったような気がします。
今年前半は五輪やショーや色々なイベント参加で超多忙だったのに、合間を縫って故郷や東北のために動く羽生君。私自身は24時間TVってあまり好きじゃないんですが、彼は何と思われようと視聴率稼ぎに利用されようと「知ってもらうことが大事」と信念を感じる。ほんと尊敬します。

あっ、遅くなりましたが「24時間TV愛は地球を救う」8/25(土)〜8/26(日)です。
過去の傾向だと1日目のゴールデンタイムに放送されるかな?




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この世界の片隅に [エンタメ]

録画してた第4話をやっと視聴。
今回の主役はずばり尾野真千子!いやあ〜やっぱりこの人の演技は素晴らしいっ!すずさんが霞んでしまう。
広島?からわざわざ1人でやってきた長男久雄君とのやりとり!
久雄君がしっかりしてて頼もしい!でもここまでやってきた理由はだいたい予想がつく尾野真千子のなんとも言えない顔!子供にあんな正論を言われたら親は堪えるわな(^_^;)
でも実は久雄君も母親と別れるのは辛かった。しっかりしてるけどまだ子供だもんね。
はあ〜ほんと尾野真千子素晴らしい!

すずさんの方は周作とりんさんの過去の関係に気づくのですが、あんなぼーっとしてるすずさんが気づくのが不思議でした(^_^;)気にするタイプとは思わなかった。
次回は私のお気に入り水兵の水原さん登場!いやあ楽しみだ♪
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

THE ICE ブラマヨのフィギュアオールスター夏祭り [エンタメ]

先週放送されたこの番組を動画で見ました。
アイスショーのTHE ICEに出演し関西テレビなので関西圏出身のスケーターメインの出演者でした。
2時間くらいあった割には選手達の話が少なかった印象。

たぶんメインはザギトワちゃんだっからでしょう。
京都観光する浴衣姿のザギトワちゃんのかわいーこと!日本人女性と同じくらいの身長だから似合うのか、いや、でもあの顔の小ささ!小柄でも体型が違うからきれいなんだよなあ。
あ、番組の合間で彼女の新SPも紹介されました。今季は「オペラ座の怪人」。ブルーの衣装といいアップにした髪型といいメイクといい、浴衣姿と別人のよう!年齢不詳に見えてしまう(^_^;)個人的には浴衣姿のメイクの方が好きかな。急いで大人っぽくならなくてもいいと思うんですが、選手生命が短いのと海外では少女性より大人っぽさが受けるのもあるのかな。

この新プロ海外コメントでは酷評なんですよ。
まず編集が最悪。確かに最後ブツッと切れた印象。そして衣装や髪型も変えた方がいい。とのこと。
そしてきわめつけは「エテリコーチは彼女をメドベージェワの代替品にしようとしてるのか?」です。
実はこれはメドちゃん用新プロだったが彼女がカナダに行ったので、ザギトワちゃんに「お下がり」したという話はどこかで聞いたことがあります。確かにメドちゃんの方が似合う気はします。

スタジオ出演はありませんでしたが、宇野君の新FP「月光」も紹介。
私はこの情報を初めて聞いた時、「え?ピアノ?宇野君がピアノ!?」とびっくり。
とゆーのも鈴木明子さんが彼のスケートを「弦楽器のよう」と表現していてなるほど似合うなと感じたから。同じく彼女が「羽生君はピアノ」と言っていてこの曲は羽生君向きと感じたからです。

実際演技を見ての印象は悪くはない。が、前半のスローテンポの部分はちょっと長く感じてしまって飽きてしまった。(ファンの皆さんごめんなさい!あくまで個人的意見なので気にしないで下さいね)
スローな曲って相当惹きつける力とか見てる人が飽きない工夫をしないと難しい気がする。
後半からどんどん激しくなるんですが、ずっとピアノなので(当たり前(^_^;)単調な気もする。
他の楽器でアレンジするとか変化をつけた方がいい印象も受けました。
でもジャンプ以外のコレオ(振り付け)部分は上半身を大きく使ってるな、力入れてるなと思いました。今季からこのパートの得点が上がるんだそうですね。その対策かな。

宇野君自身も「ジャンプばかり」と言っていた新FP。実はネイサン君のを見た時も同じ印象を受けました。今季から男子FPは4分と短くなったからなのかな。なんか「余白」を感じないとゆーか…
構成が難しいのかな。なんにせよ新ルールでも素晴らしい演技が見たいものです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

西郷どん「3度目の結婚」 [エンタメ]

恋愛が絡み出すと興味がサーっと引いていく私(^_^;)年齢的なものかな?
今回は引きながら見てしまった回。
久しぶりに薩摩へ帰ってきていつの間にか英雄扱いの西郷さん。
それに嫉妬?したかいつもお怒りの島津久光。慶喜といい小せえんだよ器が!(^_^;)
演じてる役者さんもしょっちゅう怒ってるのは疲れると言ってました。そうですよね、エネルギー使いますもん。

故郷へ帰ると嫁取りの話が盛り上がり。当時はあんなもんだったんでしょうかね。嫁がいないと体裁が悪いというか。にしても愛加那はどーなった?彼女は正式に結婚してなかったってことか?子供は認知して養育費を送ってたんだろーか?
ふーん当時は男性に対して寛大だ。まあお見合いが普通だったもんね。
それでちょっと違和感感じたのは、糸さんに結婚の意思を任せた演出。とても現代っぽい。
実際は家同士の話し合いだったんでしょうけどね。

次回は岩倉具視が登場。どんどん歴史が進んでいきますね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

義母と娘のブルース [エンタメ]

第1話を見なかったんですが、第2話以降見ています。
初めて見たときは子供も見れる家族向けドラマだなといった印象。実際私の教えている子供達も結構見ていました。10時じゃなくても9時に始めてもいいのになあ。
綾瀬はるかと子供とのやりとりがいいんだよ。

このドラマの成功は綾瀬はるかのキャラ設定。子供だろうが大人だろうが敬語で付き合い方を全く変えない。一切笑わずお堅いことこの上ない。
普通よくある男女の設定として、男がクール、冷静で頭が良く、女が天然とか抜けてるとかのパターンが多いんだけど、このドラマは反対。それがいい。
このドラマの脚本は「JIN」と同じ人。そーいえばテーマ曲もMISIAだった。

大昔の白黒映画で「ニノチカ」というのがありました。主演は当時の大スターグレタ・ガルボ!
これもロシアから来たお堅い共産党員の役で笑わない彼女を西側の男性陣があれやこれやと笑わそうとするコメディーでした。実際彼女自身一切笑わない女優さんでその神秘さと美しさで崇め奉られていたのですが、この映画の中で初めて大笑いしたという記念的映画。それを思い出しました。

今回は2人の結婚の真相がわかった怒涛の?展開。
最初の「夜の営み」トークから株価チャートのお弁当が面白い(^_^;)
竹野内豊がそういうことだったとは!そういう事情にちょっと泣けてきました。
「契約結婚」 みたいなもんですが、綾瀬とのふれあいで最後に病気と向き合う姿は、ああ彼女との出会いで生きる「欲」が出たんだなという展開がうまかった。
来週から子供も含め闘病することになりそうです。ちょっと思ったのは、このドラマは他人でも家族のように1つになれるってことを表してるのかなと。まあ元々他人同士から家族になるんですけどね(^_^;)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この世界の片隅に [エンタメ]

第2話視聴。
主役を取り巻く出演者がキラッと光ってそれぞれに存在感があって素晴らしい!
実家に出戻って来たすずの義理の姉の尾野真千子。気が強く口が悪いが嘘がつけない裏いい人キャラ。
二階堂ふみのりんさんがまたたまらん。「西郷どん」で南の島の強い女を演じたと思ったら、ここでは色気もありつつ儚げなところが圧倒的。周作さん(松坂桃李)の元カノのようだけどすずもりんさんもどっちも個性があっていいね。

にしても周作さんのなんとできた男よ!
あの若さにして喧嘩の時も正義感あふれ、(あ、水兵さんの水原君もいいね!)
なんと奥さんに気を遣って大事にすることか!「逢い引き」をプランし、奥さんが食べたことないアイスクリームを用意してあげるなんてっ!あんなことされたことないわ!(^_^;)そりゃすずさんにとっては一生の思い出ですよねえ、羨ましい!
そして2人とも子供の時のことを言わないんですね。でもこういった何気ない日常こそが一番の幸せだよなあとしみじみ感じました。「普通」に暮らせることが何よりですよね。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

東京五輪・パラ式典総合演出担当決定! [エンタメ]

これは「エンタメ」か「スポーツ」のカテか悩みましたが、まあどこでもいいや(^_^;)2020年東京五輪・パラリンピック総合演出の担当者が決定しました。以下記事抜粋です。

羽生の参加は?野村萬斎「当日のお楽しみ」と含み 五輪・パラ式典総合演出

2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式、合計4つの式典の総合演出を担当する狂言師の野村萬斎、五輪を担当する映画監督の山崎貴氏、CMディレクターの佐々木宏氏が31日、都内での記者会見に出席した。
報道陣からは、萬斎に「陰陽師」のイメージがあることや、羽生の名前を挙げた上で、「登場してほしい人はいるか」という質問が出た。これに萬斎は「それはね…。たくさんの方が思い浮かべられますけど。当日のお楽しみ、ということにさせてください」とほほえんで受け流していた。

2つの大会の開閉会式を統括する「チーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター」(東京2020総合)という立場になった。就任にあたっては「復興五輪ということもあり、今、いろいろな形で日本国内、そして海外でもいろいろな災害や戦禍に見舞われた方に、お見舞いを申し上げるとともに、オリンピック、パラリンピックともに平和の祭典の式典を担う大役に身の引き締まる思いでお受けしております」と思いを語った。
「復興五輪の名に恥じないような、シンプルかつ、そして和の精神に富んだオリンピック、パラリンピックになるように全力をつくしたいと思います」と抱負を述べたが、伝統芸能、和服というような表層的な日本のイメージにとどまらず、「精神として内在する我々の心のありよう」を表現する考えを示した。

この人たちが今日本エンタメ界を代表する最高峰のメンツってことなのかな。どうやって選出されたか経緯は不明だけど、2016年のリオ五輪で東京プレゼンした椎名林檎も入ってるんですよね。
萬斎さんが最先端のデジタルアートや彼女の意向と日本らしい「和」をどう組み合わせるか興味深いです。
萬斎さん選出で思い出したのは、長野冬季五輪の総合演出をした、先日亡くなった劇団四季の浅利慶太さん。相撲取りを出したり、伊藤みどりさんのあの聖火シーンを演出したり随分と伝統的な「和」な表現でした。真冬の屋外で裸のお相撲さんが土俵入りをするというシュールな絵が見られましたが(^_^;)、萬斎さんどうか洗練された表現をしてほしい。

萬斎さん絡みで確かに羽生君の東京五輪参加の可能性が高まって来た印象はありますね。
私も今なら日本を代表するアスリートは羽生君しかいないと思います。
でも東京五輪は夏の大会なのでひねくれた人達でも納得する絡め方をしないとね。
個人的には日本周回する聖火リレーや映像とかには出るんじゃないかと思うんですが。
なんにせよ期待を裏切るようなあっと言わせてくれる開閉会式が見たいですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

西郷どん 「 勝と龍馬」 [エンタメ]

いよいよ勝海舟さんと坂本龍馬登場の回。
といってもあくまで主役は西郷さんなので、今回は紹介程度でしたね。
坂本龍馬は今まで色々な俳優さんが演じてきましたが、こんなこと言っちゃあ元も子もないけど龍馬自身に飽きてきた(^_^;)勝さんもちょっとね。でも当時幕臣で慶喜に幕府に反することをバンバン言ってたというのが信じられない。西郷さんもそうだけど、あれだけ将軍怒らせたらとっくの昔に切腹だろうなんて思ってしまいました。

西郷さんは長州へ単身で説得。禁門の変の時負傷した長州兵を看病したことを岩国藩の吉川さんに告げます。恩着せがましい…ハッ長州人の本音が出てしまった!(^_^;)
いや、演出というか脚本を変えた方がよかった。長州兵が岩国に帰ってきて「実は…」なんてした方が恩着せがましく見えなかったんじゃないかと。

勝さんに触発?されてついに慶喜と袂を別つ宣言をした西郷さん。「ベルサイユのバラ」みたいだ(^_^;)
慶喜が徳川家のことしか考えていないこととギャーギャー怒ってばかりのトップとしての器でないことに見限ったんでしょうが、これまた殺されやしないか見ててハラハラしました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

西郷どん 「禁門の変」 [エンタメ]

今回の西郷どんはいよいよ京都での幕府や各藩との争いが本格化する回でした。
いきなり桂小五郎が直接西郷に会いに来るという超高速シーン!(^_^;)
うわあ〜いよいよ私の故郷の長州英傑が登場です!かーっこいい!でも桂さんとはちとイメージが違うんだよなあ。もうちょっと和風寄りが良かったかな。

にしても一番印象に残ったのは徳川慶喜ですかね。この人の思惑が周囲を振り回す振り回す(^_^;)
やっぱりトップで下の人達は左右されてしまうんだなあと変に実感。結局は誰も信じられない、自分が一番かわいいってことなのかな。
意外?だったのはあの「人斬り半次郎」こと中村半次郎の顔がきれいすぎた(^_^;)
実際に何人も殺している怖さというか凄みがない。昔演じた佐藤健の方が雰囲気あったかな。

びっくりなのはいくら寺田屋の件で激怒したとはいえ朝廷にも刃を向ける長州藩の獰猛さ。
私から見ると今の山口県人は保守的でシャイであんな風に飛び出す勇気はないように思うんですが、昔の長州人は違ったんですね。

さて来週からいよいよ勝海舟と坂本龍馬が出て来ます。こんなこと言っちゃあ元も子もないんですが、
やっぱり西郷どんが西郷どんらしく見えないまま。いや少しずつイメージらしくなるのかな?
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この世界の片隅に [エンタメ]

日曜日TBSの日曜劇場で始まった「この世界の片隅に」を見ました。
20年ぶり?だったかあの久石譲がテレビドラマの音楽を担当するとかでTBSの力の入れようが感じられたドラマですが、うん、よかった!としよう!(^_^;)
とゆーのは私は原作も絶賛だったらしいアニメも見ていないので、純粋にドラマとしての感想しか言えないんです。でも当時の普通の市民の日常生活をよく表していると思いました。
何と言っても24の瞳のように侵されていない美しい瀬戸内の景色!脚本家は「夜の朝ドラ」として作っているそう。確かにそうかも。時間が長い分より丁寧に描いてる感じも受けました。

すずの純粋さ。ポーッとしてワンテンポ遅い感じがイラっとするんですが(^_^;)こんな子が汚れないようにと祈りたくなります。この主役の子は朝ドラ「ひよっこ」で有村架純の同僚のあの「メガネっ娘」!
メガネがないと可愛い。が私は彼女の鼻の形が気になりました(^_^;)
実はこのドラマの出演者は「ひよっこ」関係者が多いそう。それは同じ脚本家だからというのもあるのかな。
松坂桃李はイケメン枠にされてる俳優さんですが、何げにうまいなあと思わせる表情があるんですよね。祝言の時の緊張感。きっと人1人養う責任とか不安とかを感じていたんでしょう。
新婚初夜すずを見つめる顔といったらっ!(//∇//)
仙道敦子の劣化に驚愕し小姑の尾野真千子とかこれから色々やらかしてくれそうだし(^_^;)
個人的に注目してるのはUAの息子でもある村上虹郎です。実は「仰げば尊し」の学生役からなんか惹かれるものがある子だなあと思っていました。海軍の水兵さんですよ!当時の制服がカラーで見れてうれしい!

なかなかいいキャスティングのと質の高いドラマっぽい「この世界の片隅に」。
(タイトルが素晴らしい!「永遠の0」もね)これだけは最後まで見ようかな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

Heroes&Future NAGANO 2018 [エンタメ]

7/8にBSで放送されたHeroes@Future NAGANO 2018をやっと見ました。
長野五輪開催から20年!を記念して行われたこのアイスショー。
たぶん今年平昌五輪もあり、2020年の東京五輪の宣伝も兼ねて行われたんじゃないかと思うんですが、それだったらNHKとかで全国放送すべきだったんじゃないかなあなんて思ったんですが。

にしても感じたのは後半現役選手になると滑りが段違いに違うこと。当たり前っちゃ当たり前ですが、スピードがまず違う。このショーでのMVPはダントツネイサン・チェン!
これを五輪でしろよー!!と突っ込みたくなるほど(^_^;)素晴らしかった!
すごいスピードとジャンプは軽々(跳んでる時の体に両腕を巻きつける姿勢がアートにさえ見えた)!キレも半端なく今すぐ試合ができそうなほど。
そして何と言っても驚いたのが、この人こんなに表現力があったっけ!?てこと。
滑ってる時顔に表情が出てきて自信に満ち人を惹きつける力がすごかった!
世界選手権で優勝したのが大きいんですかね。経験や立場が人を作るんだなあ。
とにもかくにも頭1つ抜けてる。羽生君に対抗できるのはやはり彼しかいないと思いました。

宇野君は顔にペインティングして滑ったプロ、そして今季ショートのフラメンコギターだけの曲といい、EXのジャズといい玄人好みの難曲といった印象を受けました。
こういう曲は何と言ってもショーマンシップやカリスマ性やセクシーさなどスケーターに圧倒的存在感がないと難しいと思います。大人の色気がないと成り立たない。宇野君大丈夫かなあ?SPは難易度を下げて跳んでいましたが、試合の時はどうするんでしょうね?

羽生君はこれ1ヶ月くらい前でしたっけ?ここでやっと4回転ジャンプを見せた時だったからか、調子は良くなさそうに見えました。オープニングで転倒してるし、長野で滑るという記念すべき「HOPE AND LEGACY」でしたが試合の時のようなエネルギーやパワーがなかった。でも負けず嫌いの羽生君、失敗するとトリプルアクセルでリカバリーしたり、4回転-3回転のコンビを成功させたのはさすがでした。でも「輪になっておどろう」を熱唱してたのは可愛かった(^_^;)この曲何気に名曲だなあ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦@殿、利息でござる! [エンタメ]

BSジャパンで放送された「殿、利息でござる!」見ました。面白かった!
数年前予告編を見た時ドタバタコメディーかなと思ってたんですが、実話に基づく真面目な話でした。にしても封建時代の百姓はほんと苦労しましたね。でも家を潰すほど町のために貢献するなんてできないなあ。昔の人は偉かったな。60年も藩にお金貸してたなんて江戸時代の終わりをもう表してたのかもしれませんね。
印象に残ったのは妻夫木聡と松田龍平。
妻夫木聡は周囲からケチだ守銭奴だと言われてても誠実な顔だから絶対いい人役だと思ってた(^_^;)
松田龍平のあの眠そうな目は耐えられないんですが(^_^;)無表情の不気味さが良かったです。

そして見たかったラストの羽生君!(^o^)
メイキングでは羽生君出演はサプライズで、リハーサルの時出演者達実際驚いたってシーンが面白かったですが、華があるなあ、羽生君!何と言っても第一声の声が良い!いつもより腹から声を出すよう努力してる。おー顔が凛々しい!そして敷居を踏む羽生君!(^_^;)これは歴史監修の方が身分の低い家にも出向くような大らかさがあるからとか言ってたな。
殿(羽生君)が座ってから発言するまでの間が絶妙だった。音楽センスを生かしたか?(^_^;)
言い回しは固さがありましたね。まあプロじゃないんで仕方ない。
実際では羽生君はあの殿様口調のように上からでもないし、あんなにみんなにかしづかれたら恐縮するだろうなと思ってしまった(^_^;)でもよく頑張りました!
監督が「役者陣を圧倒するのはもはや役者ではない」と仙台藩の話なので、羽生君に依頼したのはドンピシャだったと思います。育ちや品の良さとオーラがバッチリ!今また演じてもらうと当時より風格が出て素晴らしいんじゃないかな。

この映画上映当時は特別ファンではなかったので、「あーあ、あの羽生君も芸能界にかぶれるのか」なんて思ってたもんですが、とんでもない!羽生君の仙台愛だったんですね。
24時間TVもそうですが、世間やメディアからなんと言われようとぶれない郷土愛は素晴らしい。この若さでこんなに故郷に貢献している人はいませんよね。そこは敬意を払ってほしいなと思いました。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。