So-net無料ブログ作成

「勝手にしやがれ」歌うISSAジュリーそのもの!? [エンタメ]

先日NHKのうたコンで、ISSAがジュリーの「勝手にしやがれ」を歌いました。
まずは以下記事抜粋です。

DA PUMPのISSAが30日放送のNHK「うたコン」に出演。沢田研二の「勝手にしやがれ」を披露すると「ジュリーそのものやった」「ISSAさんの雰囲気に合ってる」などと反響を呼んだ。

この日の放送は、8月1日が命日の作詞家・阿久悠さんを特集。その冒頭では阿久悠さんが作詞した
楽曲の大ヒットメドレーをおこなった。
その最初の歌唱をおこなったのがISSAだ。楽曲は1977年にリリースされた、阿久悠さんが作詞した
沢田研二の19枚目シングル「勝手にしやがれ」だった。

スタンドマイクの前に立ったISSAは、全身を白の衣装で包み、ハット帽も白で統一するなど世界観を
演出。その歌唱は持ち前のスキルを存分に発揮し、高音を響かせながら渋いポージングも随所に見せた。歌唱時間は1分30秒ほどだったが、視聴者は大きなインパクトを感じたようだ。
ツイッターには「ジュリー本人かと思った!」「ISSAジュリーかっこいー」「似てる 似てる 『勝手にしやがれ』ジュリー以外で初めて素敵だと思った」「ISSAさんの雰囲気に合ってる」「ジュリーそのものやったよねー」などと絶賛するコメントが相次いで寄せられた。
さらに、「ジュリーこと沢田研二さんのファンとして青春時代を過ごしてきた 母が大絶賛しておりました」などの声も見られ、往年のファンにとっても印象深いステージだったようだ。
感想を聞かれたISSAは「詞の内容がとても悲しくなるんですけど、最後まで強がる男の気持ちを歌に
乗せてみました」とコメント。

私は放送時仕事だったので、翌日のヤフーニュースで知り、早速動画を見ました。が…
歌より何より愕然としたのはカメラワークのひどさ。
ジュリーのようにアップを入れたんでしょうが、バタバタ感見え見えの緻密さに欠けたものでした。
うたコンは今ではほとんどない生放送の歌番組ですが、ジュリー全盛時のカメラワークを見てみよ!
同じ生放送でも切り替えバッチリ&非常に計算高く撮られていて感動ものですよ。
このうたコンって紅白用にスタッフも鍛える番組だと思ってたんですがNHKの技術力もついにここまで堕ちたか…なんて思ってしまいました。

ISSAについては個人的には「はー!?どこがジュリーそのもの!?」が正直な感想。
(ISSAファンの方々すみませんm(__)m)
「勝手に〜」は誰が歌ってもかっこよくは見える。でもジュリーのあの色気のある声と佇まいは唯一無二。ISSAがどーのというわけじゃなく、誰もジュリーそのものにはなれないんじゃないかな。
にしてもISSAはめちゃくちゃ緊張してましたね。マイクスタンドにぶつかるわ、途中で歌詞を忘れるわ、音程を外してる箇所も。
この名曲を生演奏でトップバッターを歌うことにかなりプレッシャーがあったんでしょうね。
でもプロが上がっちゃあいかんでしょ。とゆーかどんなに緊張してても歌い切るのがプロじゃないの?
そう考えたら昔の歌手はいつも生バンドで一発勝負の真剣舞台だったんですよね。
歌手や放送技術を高めるためにも、生演奏や生放送をなるべく多くやってみたらいいのに。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。