So-net無料ブログ作成

Japan Open 2018と高橋大輔復帰戦 [スポーツ]

10/6地域対抗戦のJapan Open2018が行われ、放送されました。
私は今日試験が終わってから録画していたのを見ました。といっても昨夜織田君の動画を見てしまったんですけどね(^_^;)そう、昨日話題になってたようにこの戦いの主役は織田君でした。口あんぐり!
全選手の中で唯一ノーミス(ザギトワちゃんもほとんど完璧)!しかも上手くて高難度!
最初の4回転ー3回転の連続ジャンプにあっけにとられ、現役選手で羽生君しかできないカウンターからのトリプルアクセルを美しく決め、スピードとキレのあるステップ、そしてプロで培われたエンタメ力!
いや〜今すぐ復帰できるよ織田君!

他の選手達は全体的にイマイチの印象を受けました。まだシーズン始めなので仕方ないにせよ、天パをオールバックにしたネイサン君はどーした!?アメリカで夏だったかお披露目した時はキレッキレだったけど内弁慶なのかなあ?にしてもフリーのあの曲は盛り上がりもなく変えた方がいいのに。
宇野君は初戦よりもだいぶ様になってきたかなといった印象。ただ曲を弦楽器入れたりアレンジした方がいいように思いました。どーも今季は羽生君の影響か全体的にピアノ曲が多いような気がするんですが、似合う選手とそうでない選手がいると思うんです。宇野君は弦楽器が似合うと思うんだけどなあ。

似合うといえば坂本選手もしっとりとしたピアノ曲でしたが、元気でおてんば娘のイメージが強い坂本選手にはまだ早いかなと感じました。もちろん色々挑戦するのはいいことですが、その年でしか出せないものを生かすのも手かなと。
宮原さんは体つきが大人になった!細いけど練習が充実してるのを思わせるメリハリのある美しさ。
宮原さんは欧米選手にはない「大和撫子」の雰囲気があって惹かれるんです。壊れそうだけど可憐で芯があって。順位関係なく見たくなる選手。
でもやはり圧巻はザギトワちゃんでした。最初の3回転連続ジャンプを両手を上げながらに度肝を抜かれ、すごいスピードと、実はジャンプの入りを難しくしてるんだそう。羽生君のようにカウンターからのジャンプをしたり似たようなスピンがあったり高難度を目指してるあたり羽生君に習ってるのかな?
ただロシアの女子選手はどうしてもジャンプマシンに見えてしまって、宮原さんのような柔らかさを感じないんですよね。五輪でのメドちゃんは表現力もあったけどお国柄が出るのかな。

復帰といえば高橋大輔さんが近畿大会でSPの演技を終え首位。
動画が見つからなくてフルを見てはないんですが、高橋さん自身はガチガチでしたね(^_^;)にしてもあの衣装と髪の色…もうちょっと清潔感はだせないんだろうか!?
彼の滑りより私は「首位」にえっ!?と愕然としてしまった。4年ぶりに復帰した選手が首位って競技としてどうなのよ!?新ルールも色々言われてるみたいですが、ちょっとフィギュア自体大丈夫かなと危機感を持ってしまった(^_^;)現役若手選手がんばれよ!


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。